本当の男女平等の時代へ

「結婚適齢期」とか「寿退社」などの言葉は、とっくの昔に死語になっている。「男は外で働き、女は家庭を守る」という男女の性差の時代から、個人差の時代になって来ているともいえる。「おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に・・・」の昔話は、今の子ども達には理解できていないのかもしれない。

すれ違うトラックドライバーが、たまに小柄な女性であったりする時代だ。パワステなどの技術革新が進み、仕事に筋肉モリモリが必要でなくなった領域も増えている好例だろう。民間のバスのドライバーだって、タクシードライバーだって、女性の進出がめざましい時代だ。

結婚が三食昼寝付きの永久就職で、一番のシアワセという時代は大過去になってしまった。あるアンケートをみてもわかるように、結婚後も妻に働いてほしいと考えている男性が増えているようだ。その背景には、徹底した男女平等の教育があるのだろう。

また、「男子厨房に入らず」といわれた時代もあったが、いまでは電化製品の充実により、家事は誰にだってこなせる状況にある。男女関係なく分担してこなせる仕事に進化している。結婚して子どもが出来たから、即お仕事ヤ~メたとならないケースの方が多いのかもしれない。

女性にも、官僚、管理職、医者、独立企業など、男性以上に収入を得る人もたくさん出てきている。男女差とは言えない個人差の問題になってきつつあります。出産に伴う育児を行う女性への社会支援がもっと進めば、ますます優秀な女性力が社会貢献できるいい時代が到来するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です